HOME > 水簾洞ブログ > 「事実」を利用するマスコミ

水簾洞ブログ

「事実」を利用するマスコミ

米山知事辞職、

何やら「久米山仙人」ってことらしい。

売り女と嫁のいない五十男それのどこが悪い。

TVで、

「今更泣いたってしょうがない」と言い放った

コメンターがいた。

「今更」で、

マスコミは ぼったくりバーと同じだなと思った。

「○○ちゃんは次官のお気に入りだから、頼むよ」お願い

「○○ちゃん頼む、監督があの子はイイね」って言ってんだよ。

おまえらだろう、

女記者にセクハラを強行させているのは

何がセクハラ強要されただ、それほど女の人権を謳うなら

その女が訴えた時点で、男に切り替えりゃいいだけのこと。

それを事もあろうに

取材する女とされる男を利用した。

福田次官の件はその典型で

盗聴まで志願し、面白おかしくでっち上げカネを稼ぐ

米山知事の件はまるでコピーキャットそのもので

電通事件の闇が垣間見えたような気さえする。

マスメディアこそ、自分の顔を鏡に映してみればよい

今朝の日報抄はいただけなかった。

兼好法師は諭したのであって晒し者にしたのではない

明日はその某週刊誌の発売日だがオレはもう買わん。

 

コメント

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

マナーを守り、楽しい釣りをしましょう。
内水面での釣りには、漁業協同組合(漁協)が発行する遊漁券が必要になります。

TOPPAGE