HOME > 水簾洞ブログ > 八千代橋界隈

水簾洞ブログ

八千代橋界隈

新潟市中央区にかかる橋の中で

目立たぬ控えめな古女房的な橋ですが

加速発展の予感も漂う八千代橋界隈です。

米山踏切を高架にする改修工事が進んでおり

これが完成すれば古町鍛冶小路より笹出線間

(八千代南通り)が

オールスルーパスになり画期的変貌を遂げます

また、この八千代橋界隈の発展を象徴するビルが

NST新潟総合テレビです以前は

昭和大橋界隈の南高校前にありました。

他局には見られぬ超モダンなNSTビルの移転により

八千代橋は花が咲いたようです。

NSTの総ガラス張りに映し出す萬代橋界隈と八千代橋

やはり

八千代は控えめで堅実な橋なんですね

こちらの御夫婦のように

新潟駅へ向かう八千代橋左岸は活気溢れる万代地区

万代地区から5分とからず東中通のビジネス街へそして新潟駅に。

 

左岸と対照的な

八千代橋右岸と対岸は新潟市屈指のリバーサイドマンション群

 

新潟島へ行ってみましょう

やはりマンション多いです

 

 

新潟島に来てみたら

古くからのマンション群と民家で埋まり生活の匂いがし

何故かホットする、この先を進むと古町鍛冶小路界隈です

そんな界隈に公園が現れます、他門川公園、名前が

表わす様に昔は川だったんだとさ、驚くね。

かなりの樹齢でしょう

大木です、若い万代地区では絶対にお目にかかれませんよ。

公園の近くに

他門川の名残りを残す川端町ポンプ場と接続口があります

信濃川沿いの

八千代橋と萬代橋の中間にあるあの山なりの道路下です

何故かしら、カモメに縁がある自分です、って

あらら、 八千代橋に戻ります

萬代橋と昭和大橋に挟まれ けな気で慎ましくいつも目立たぬ橋

目立ちこそしませんが

八千代橋界隈に生活の拠りどころを求めて

多くの人々が集まり住んでいる

すると、

八千代橋って母のような橋なのかもしれませんね。

 

コメント

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

マナーを守り、楽しい釣りをしましょう。
内水面での釣りには、漁業協同組合(漁協)が発行する遊漁券が必要になります。

TOPPAGE