HOME > 水簾洞ブログ > 千歳大橋界隈(新潟市)

水簾洞ブログ

千歳大橋界隈(新潟市)

新潟市内で最も重要な橋。

高速道及び新潟バイパス、信濃川を越え日本海まで

主要幹線道路すべてに交差する最重要道に掛かる

橋が千歳大橋です。

新潟市中央区の橋の中にありバルコニーやオブジェをあしらった

最初の橋が千歳大橋でした

 

お城のようなハミングプラザVIP、スポーツクラブNAS、

話が脱線しますが我が家は

てとてとTeNYの新潟一番の

おとぼけ角田サンのファンです。

セコム、新潟日産、千歳大橋、県庁舎へ

写真下はJR越後線鉄橋を新潟駅より白山駅へ向かう電車

 

千歳大橋界隈の新潟県庁舎側は行政区

自治会館、県教職員会館、など各協会のビルばかりで

休日に散歩にきてみると人影がなく殺伐としいる

ビルの品評会ってな感じ。

兎に角誰もいない、まあ 当たり前だよなぁ

 

対岸の新潟島は生活と文化がよく馴染んでいます。

川岸町沿いには左より北陸ガスグランド

北陸ガスタンク、合同庁舎、BSN、白山駅、ガンセンターなどがあり

そのまま進めば昭和大橋へ、春の桜並木は美しいでよ。

(写真は白山水道橋この先に昭和大橋が現れる)

新潟島やすらぎ堤はジョッカー達ちの草分け的聖地

自分が若かった頃はただのコンクリートの護岸で

草木一本ないベトで夏は辛かった

隔世の感なんてもんじゃない雲泥の差

中高年ランナーの多い理由よく分かります。

ただ、信濃川やすらぎ堤の弱点は平坦なこと

ランナーって「シ・ン・ド・イ」ことも好物ですから

千歳大橋を大きく跨ぐランナーズブリッジって

夢でしょうかね、 夢なんでしょうね

一方、

新光町より鳥屋野潟にかけては三ヶ月で

町の様子が変わるほどの発展途上地区で

文化が育っ程の町に熟していません

ただ近い将来、時代と文化を担う橋が

千歳大橋でその界隈になることだけは疑い様がない。

 

 

コメント

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

マナーを守り、楽しい釣りをしましょう。
内水面での釣りには、漁業協同組合(漁協)が発行する遊漁券が必要になります。

TOPPAGE