HOME > 水簾洞ブログ > 高速橋下のコイ釣り

水簾洞ブログ

高速橋下のコイ釣り

高速橋下、

メーターが毎年、数上がる一級ポイント。

P1000203

「根がかりか」と愚痴った。

愚痴った直後、ラインは対岸下流へゆっくり移動し始めた。

鉤がかりしている自覚が無い

悠々として向かう方向に迷いがない

「これはデカい」橋脚が迫る 身体ごと後退

一瞬  竿先が緩む、一拍おき重量が乗る

「反転」?

絶する重量を感じる むずがるコイをいなし

高速橋中央部まで戻す

P1000201

トルクを再度上げ新堀橋へ更に進む、と思いきや

ラインが水面を切り扇状に手元に寄よる

糸ふけを取り竿の張力を保つ

尾ひれを一打ちするたび飛沫を残して

竿先は水面下に消える、これを数回繰り返した後

姿をみせた鯉の口が二度、三度と息をきる

横たわる鯉を見竿を置く。

001037

高速橋下でのやり取りの最中、通りかかった皆さんが

応援して下さり御一緒の撮影となりました

共に喜んでいただき、ありがとうございました。

コメントお待ちしております

  1. アバター 老害すいれんどう より:

    場所がわかる画像つきでアップするんじゃねえ。
    地元民の迷惑考えろクソジジイ。

  2. アバター nice より:

    平成23年って写真に載っている
    6年も前の釣果に吠えるバカ発見。

コメント

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

マナーを守り、楽しい釣りをしましょう。
内水面での釣りには、漁業協同組合(漁協)が発行する遊漁券が必要になります。

TOPPAGE