HOME > 水簾洞ブログ > 冬ミカンとアゲハの幼虫(鳥屋野ファーブル)

水簾洞ブログ

冬ミカンとアゲハの幼虫(鳥屋野ファーブル)

昨日、

冬ミカンが食卓に上がった、

もうそんな季節に入ったんだなぁ・・・・

小粒ではあったが皮むけもよく甘味が乗り上々。

冬ミカンと言えば柑橘類、

柑橘類といえばアゲハ蝶 庭の柚子の木に二頭の

幼虫が生き残っている。

動きは頗る鈍く半日同じ位置でじっとしている

観ていて退屈だ、退屈なら見なきゃよさそうなものだが

また覗いてしまう。

柚子の葉も日中の日が高い時間に気紛れに食べるくらいだ

如何やら、

そうやって越冬への帳尻合わせをおこなっている

そう思えてくるのです。

そんな今日、

家を留守にしたほんの束の間に

柚子の木から姿は消えていた。

初物の冬ミカンを合図にアゲハの幼虫は

雪国新潟の冬を乗り切る準備に入ったようです。

 

 

コメント

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

マナーを守り、楽しい釣りをしましょう。
内水面での釣りには、漁業協同組合(漁協)が発行する遊漁券が必要になります。

TOPPAGE