HOME > 水簾洞ブログ > 白山神社風物詩(春まつり)

水簾洞ブログ

白山神社風物詩(春まつり)

毎年四月十二日から十八日迄の間

白山公園界隈は桜の開花に合わせるかのように

白山様の春祭りでエライ人出になりす。

 

先ずはお詣り致しましょう

春まつりの百八灯、十七日の夕方六時に灯を入れるとのこと

皆さんの願いが成就致しますように。

早く縁日へ行きたくって仕方ないことです

さーて、縁日いきますか

白山様の春まつりと言えば、一昔前なら

金魚屋さんの屋台が道を挟んで数十軒も並んだものでした

金魚屋のおばあちゃんは、

「み~んな 往ってしもーたんだがね」って言ってました。

いや~ 金魚屋さんのこの匂い懐かしいものですね。

 

良い人柄で周りが明るくなるお母さん

ホントにトルコアイスって伸び―るんですねェ~

秘伝、密術、門外不出

見る、呑む、噛む、啜る、混ぜる、舐める、食べるたべる

 

金魚すくいやっています

豪いもん見た

天才金魚すくい少女です、ハイ

懐かしのケンコボール

日が暮れ始めました、人の出はこれからが本番ですが

ひとまず帰ります

土曜、日曜は大変な混み様でしょう

コメント

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

マナーを守り、楽しい釣りをしましょう。
内水面での釣りには、漁業協同組合(漁協)が発行する遊漁券が必要になります。

TOPPAGE