HOME > 水簾洞ブログ > 信濃川の鮭漁、輪廻の神魚

水簾洞ブログ

信濃川の鮭漁、輪廻の神魚

越後新潟、北は村上三面川、荒川、

胎内川、新発田落ち掘、加治川、

阿賀野川、

それぞれ豊かな自然を魅せる河川が続き

その、殆どの川に鮭が遡上する、豊かです新潟は。

そんな河川のなかで、

日本一の長さを誇る信濃川へ

日本一苛酷な遡上を目指し

逞しく育った

鮭が帰って来る、真っ直ぐに。

明日は雪模様だという

冬河にも黄昏和む日だってある。

鮭は輪廻転生を身をもって

啓示する神魚ではないかと思うことさえ

ある。

人工ふ化を行った人間が偉いのではない

その身を冬河へ返す、何のために?

永久に等しい時間をかけ覚った、ただの魚。

純粋は主観も客観も知らない

これこそ「寒山拾得」と言うものだ。

そんな鮭の生き方が好きだ。

コメント

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

マナーを守り、楽しい釣りをしましょう。
内水面での釣りには、漁業協同組合(漁協)が発行する遊漁券が必要になります。

TOPPAGE