HOME > 水簾洞ブログ > 刈谷田川の鯉女房

水簾洞ブログ

刈谷田川の鯉女房

師走にはいり 釣行もなかなか厳しい季節となりました

防寒対策、怠り無きようご自愛ください。

さて今日は、

なかなか意味深で思わず苦笑いも漏れる

新潟県南蒲原郡の「鯉女房」と言う昔ばなしを一席

話の内容は「鶴の恩返し」のようなもので、

悲しくもあり、お可笑しみもある。

冬の夜に川の字布団にくるまって

女房に含み笑いで尻つねられ 話をする親父が目に浮かぶ

そんな大人の昔ばなしです・・・

季節は夏、刈谷田川の水が減り男衆が網を入れたら

大鯉がとれました、 その噂話を聞きつけた男が

「ほんね見事な真鯉だやぁ~」と鯉を買い取った。

昔から真鯉というものは三尺になれば食うもんでないという

きっと具合が悪るうなってのことであろうと精のつく餌をあたえ

川へ返した。

(以後は鶴の恩返しと変わらぬ)・・・・

「女房が来てから、何をこしらえさせても、何を食べても

精のつく旨いものばかりだ」

どうやって料理を作っているのか見てやろうと

襖の破れ目から覗いた。

女房は、

擦りこぎ棒でかな擦り鉢の味噌をこぎつづけ

やとっこさ鍋に入れ、そんからケツふんまくったかと思うと

鍋またがり

フナだやら鯉だらやの尻尾みてんがん出して鍋のなかさ

グリグリ、ぐりぐりかもしたがぁ~。

「あっきゃきゃ、こんげん化物らがぁ~」

早速、女房ことよばって

「おらぁ、あんべが悪ーりて お前んことおくことならんすけ」

言うて縁切った。 真冬だと言うに着の身一つで出ていった女房に

男は、なじょも、みじょげな事をしたと後を追ってみれば、

女房は刈谷田川の淵に身を投げた、あっ、と雪河原へ走り寄ると

大きな真鯉がゆったりと身をひるがえし泳ぎ去っていった。

冬の越後の寒夜伽へ誘う一席。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

マナーを守り、楽しい釣りをしましょう。
内水面での釣りには、漁業協同組合(漁協)が発行する遊漁券が必要になります。

TOPPAGE